お知らせ

仙台国際空港旅客ターミナルビルにおける総合管理業務の事業者募集について(募集は締め切りました)

仙台国際空港旅客ターミナルビルにおける総合管理業務を行う事業者を次のとおり募集します。

1. 目的
 仙台国際空港株式会社は初の民営化空港として、2016年7月1日から完全民営化しました。旅客ターミナルビルの維持管理業務についても、今までは仙台空港ビル株式会社がターミナルビル維持管理業務をそれぞれ実施してきましたが、民営化に伴い、仙台国際空港株式会社が本業務を引き継いでいます。
 空港運営の根幹のひとつである「安全・安心」を向上させるためには、維持管理体制の再構築やそれぞれの業務内容の精査を行ない、限られたコストの中で、業務の効率化及び業務品質を向上させることが求められています。現在、ターミナルビル維持管理業務は各業務を別々で発注してきていますが、各業務の一体発注による連携強化及びガバナンスの強化を図るため、統括管理業務を含む総合管理業務を行う事業者を県内外より広く募ります。
 応募希望の事業者には、本仕様書の内容を踏まえた上で、自らのノウハウを最大限発揮し、総合管理業務を通じて、弊社業務負担の軽減及び業務品質の向上につながる提案をお願いいたします。

2. 名称
 仙台国際空港 旅客ターミナルビル総合管理業務

3. 施設概要
 施設名称 仙台国際空港
 所  在 宮城県名取市下増田字南原無番地
 延床面積 43,682㎡
 竣  工 1997年
 運用時間 7:30~21:30(14時間)
 就航便数 国内線:合計54便/日(往復)
      国際線:合計23便/週(往復)
           ※2017年10月1日時点、チャーター便除く
 旅客数  国内線:2,938千人
      国際線:225千人
      合 計:3,163千人
       ※2016年度実績

4. 事業スケジュール

   ※標記スケジュールは、応募事業者が多数あった場合等には変更することがある。

5.参加資格条件
 20,000㎡以上の総合管理実績かつ空港関連施設の総合管理実績(実績を有しない場合には、一部管理でも可)を有す企業が参加することができる。詳細については、募集要項P4「6.プロポーザル参加資格」を参照のこと。

6.本プロポーザル窓口について
 本プロポーザルに関する問い合わせは、募集要項P6「16.提出書類」に記載の担当者にて受け付けることとする。
  
以上

(1)募集要項
(5)参加申請書
(6)機密保持に関する差入書
(7)貸与資料の破棄報告書
(8)質問書
(9)提出書類関係
様式1「企業概要」

※一次審査提出書類(参加申請書、機密保持に関する差入書、様式1企業概要、財務書類)は、7部製本の上、募集要項16に記載の窓口に提出すること。(郵送・持参どちらも可)また、参加申請書及び機密保持に関する差入書については、1部原本、6部複写でも可とする。
※様式2については一次審査通過事業者に対して個別でメール送信する。

おすすめ情報

  • ホテからGO 11・12月号 仙台空港特集
  • Wi-Fiルーターレンタルサービス
  • 仙台空港からバスで旅する東北!
  • 朝食はゆっくり、ゆったり、空港で!
  • ランナーズポート
  • 空港でゆっくり ちょい呑み
search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss